SONY RX100m4

SONY RX100m4

RX100m4。RXシリーズも4世代目が登場しましたが、このシリーズがすごいのは、いまだに初代RX100が売られていること。この手の製品は次モデルが出たら廃盤となるのが通常のパターンだと思いますが、4世代目がでてもまだ初代が現役というのがすごいですね。

RX100フィルム貼り

RX100フィルム貼り

今や液晶モニタを備えた製品には欠かせない保護フィルム。もちろん貼りました。iPadなどに比べると小さいですが、やはり埃ひとつ入れずに完璧に貼るには神経を使いますね。貼り直すと余計に汚くなるので、基本は一発勝負!どうしても混入した小さな埃を微調整で取り除く程度におさめられるか。今回もかなり納得のいくフィルム貼りが出来ました!

RX100グリップ AG-R2

RX100グリップ AG-R2

RX100シリーズにグリッドはマスト!という声も多いようですが、確かに付けると断然持ちやすくなりますね。ここはSONY純正の「AG-R2」を選びました。さすがに違和感はあまり感じませんね。両面テープで貼るだけなので比較的簡単に取り付けることができますが、これも事前に位置を確認して一発勝負!なかなかいい感じで貼れました。

ソフトキャリングケース LCS-RXG

ソフトキャリングケース LCS-RXG

とりあえず、純正グリップを貼ったままでも収納できるということで、SONY純正のソフトキャリングケース「LCS-RXG」を選んでみました。

LCS-RXGは本当にピッタリ

LCS-RXGは本当にピッタリ

サイズは本当にピッタリ!本革で質感もなかなかすばらしい。

ボタンでカチッと留まります

ボタンでカチッと留まります

ボタンでカチッと留める感じも安心感があります。

このケースの場合、ストラップはハンドストラップしか取り付けられません。ネックストラップだと蓋を閉めたときに、片方側から逃がすスペースが全くない。それだけ純正としてサイズをキッチリ作られているということですね。

個人的にはやはりネックストラップを付けたいので、改めて他の商品を探す必要がありそうです。ハンドストラップはどうしても取り出す瞬間に落としそうで怖い^^;検討候補としてはRX100シリーズ用の「LCJ-RXF」というジェケットケースもありますが、充電やSDカードを取り出すたびにケースを付け外しが面倒だし、すっきりさが失われるのでちょっと悩みますね。