メモ。
iTunes11にアップデートしてから使いにくくなった!という人って多いですよねー。

確かに従来と比べると、見た目の印象もガラッと変わって戸惑いますが、設定を変えることで今までと近い感じで使えると思います。

アルバムジャケット表示を曲表示に変更する

iTunes11の初期値はアルバムジャケットがずらっと並んでますよね。これをiTunes画面の上部にある⊂曲⊃ボタンをクリックすると、今までのようなリストっぽい表示に変更されます。

サイドバーを表示させる

今まであったのにー!と、恐らくこれが一番戸惑う原因じゃないかと思うんですが、設定で戻せます。
iTunesメニューバーの[表示]-[サイドバーを表示]を選択します。

すると、今までのように左側にサイドバーが表示されるようになります。
これでだいぶ従来と同じ感じに戻ったんじゃないでしょうか。

カラムブラウザを表示させる

これは従来のバージョンでもデフォルト設定ではなかったと思いますが、カラムブラウザの表示を追加します。
iTunesメニューバーの[表示]-[カラムブラウザ]-[カラムブラウザを表示]を選択します。

すると、右BOXが上下分割し、更に上が横3つに分割され、ジャンル > アーティスト > アルバム という感じに階層で辿って行ける画面になります。
個人的には結構お気に入りの設定です^^。

オマケ:検索ボックスの使い方

iTunes右上の検索ボックスも従来とちょっと動きが違うと思うのでメモ。
検索ボックスの左側の虫眼鏡マークをクリックすると検索対象の設定ができます。

それで、いざ検索ボックスにキーワードを入れた場合、ヒットした情報が検索ボックスの下にリアルタイムでズラーッとどんどん表示されてくると思います。
この中に目的の情報があれば、それをクリックすればいいですが、ただ漠然とそのキーワードを含む情報を抽出したいんだ!という時は、なにも選択せずにそのまま[return]キーを押すか、検索ボックスのすぐ下にハイライト表示された「”〜”を〜で表示」の部分をクリックすればOKです。

iTunesもどんどん進化していきますねー。意外と一番使うアプリだったりすると思うので、自分が使いやすい設定にカスタマイズしてみるといいと思います。