Apple TVが日本にもやってきました。
全然ノーマークだったんですが、価格の安さと機能につられて飛びついてしまいました。

Apple TV

Apple TV

Apple TVの主な機能

で、そもそも何ができるマシンなのか? まだ完全には理解していませんが、

  • 同じLAN上にあるMacの写真・動画・音楽などをApple TVを通じてテレビに出力できる
  • インターネット経由で映画の購入やレンタルができる
  • YouTubeやFlickerなどのサービスへアクセスし、テレビに出力できる

というものです。
これまでMac内のコンテンツ(写真、動画、音楽など)をテレビに映す方法としては、

  • Macとテレビを外部出力ケーブルなどでテレビに出力
  • iPhoneやiPadなどへ同期させ、それらを専用のAppleコンポジットケーブルでテレビに出力
  • DVDなどメディア媒体に焼いて専用プレーヤーなどを経由してテレビに出力

などの方法はあったものの、基本的にはMac内にあるコンテンツはMac内での鑑賞がメインだと考えていたので、LANを使って手軽にテレビに映像を映せるというのは非常に便利です。

この黒いボディ、本当に小さくてアップルらしくどこまでもシンプル。専用のリモコンが付いてきますが、iPhoneやiPad用に無料のRemotoアプリが用意されているので、それを使っても制御できます。

LANへの接続は有線LANと無線LANの両方を備えていますが、ここはやはり無線LANでの接続がスマートでしょう。(そもそも一般の住宅事情としてリビンクにまで情報コンセントが用意されている家庭の方が少ないと思いますけど。)

テレビとの接続はHDMIケーブルで繋ぎます。HDMIは映像と音声を一本のケーブルで結ぶシンプルな設計でまさにApple製品にピッタリ。Apple TVにHDMIケーブルは付属しませんので別途用意する必要があります。

所有しているテレビ(AQUOS)はHDMI端子が1個しかなかったので、これまで接続していたHDDレコーダーにはApple TVのためにD4端子に変更してもらいました。
あとAQUOSの機能として入力ソースの名前を編集できるので、ここは迷わず「Apple TV」として登録。

Apple TVをテレビに出力

Apple TVをテレビに出力

VHS→LD→DVD→Blu-rayとメディア媒体が進化していく度に過去のコンテンツをデータ変換し続けるのは大変なので、もう今後はMac上で動画ファイルのまま管理するだけでいいのかな、とも思います。

特に最近のビデオカメラなども一旦コンピュータにデータを取り込むことがベースになっているし、Apple TVがあればテレビで鑑賞する為にわざわざDVDなどディスクメディアに書き出すという行為自体が必要なくなります。